dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

3 サービスエース 3
1 ダブルフォールト 3
31/49 (63%) 1stサーブポイント 33/50 (66%)
7/18 (39%) 2ndサーブポイント 13/25 (52%)
13/20 (65%) ネットポイント 1/3 (33%)
1/4 (25%) ブレークポイント 3/7 (43%)
29/75 (39%) レシーブポイント 29/67 (43%)
34 ウィナー 15
38 アンフォーストエラー 7
67 トータルポイント 75
189 km/h 最高サーブ速度 168 km/h
168 km/h 1stサーブ平均速度 155 km/h
131 km/h 2ndサーブ平均速度 137 km/h

試合速報

はサーブ権

タイブレーク
大坂は初めてのダブルフォルトで1-1となるも、相手のミスでミニブレークに成功する。しかし、その後はスピードの緩いショットにミスを連発してしまう。最後も、大きくふかしてしまい、プティンツェワが第1セットを制す。【大坂 (4)6-7(7) プティンツェワ】

プティンツェワ

0 1 1 1 2 3 4 5 6 6 7

大坂なおみ

1 1 2 3 3 3 3 3 3 4 4
第12ゲーム
大坂のサービスゲーム。リターンがラインをオーバーして先行されると、プティンツェワのショットがネットに当たり大坂のコートに落ちる不運な場面も。すると、スライスショットがミスとなりデュースとなる。それでも、ウィナーを2本続けて大坂がキープ!【大坂 6-6 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 15 30 30 30 40 40  

大坂なおみ

0 15 15 30 40 40 Ad G
第11ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂はショットの精度を欠きポイントを先行されると、最後もミスショットを連発してしまう。プティンツェワがキープ。【大坂 5-6 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 30 30 40 G

大坂なおみ

15 15 15 30 30  
第10ゲーム
大坂のサービスゲーム。7回目のネットプレーを成功させるなど、剛と柔を使い分ける。最後はファーストサーブを決めて大坂がキープする。【大坂 5-5 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 0 15 15 30  

大坂なおみ

15 30 30 40 40 G
第9ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂はスライスショットから先行するも、その後が続かない。それでも、フォアハンドの強打で反撃してデュースに持ち込む。ただ、その後はミスショットを連発してしまい、プティンツェワにキープされる。【大坂 4-5 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 30 40 40 40 Ad G

大坂なおみ

15 15 15 15 30 40 40  
第8ゲーム
大坂のサービスゲーム。ファーストサーブがなかなか入らないが、集中力を切らさずに力強いサーブを続けていく。最後はパワーでミスショットを誘い大坂がキープ。【大坂 4-4 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 15 30 30  

大坂なおみ

15 15 30 30 40 G
第7ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂は相手のミスで先制すると、ネットプレーでポイントを獲りブレークチャンス。しかし、これを逃すとミスショットを重ねてしまう。プティンツェワがキープ。【大坂 3-4 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 0 15 30 30 40 Ad G

大坂なおみ

15 30 30 30 40 40 40  
第6ゲーム
大坂のサービスゲーム。プティンツェワのドロップショットで先行されると、大坂はショットが乱れてしまいプティンツェワにブレークチャンスを与えてしまう。最後は、長いクロスラリーをプティンツェワが制してブレークバック。【大坂 3-3 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 30 40 40 40 G

大坂なおみ

0 0 0 15 30  
第5ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂は0-30と苦しい展開。巧みなリターンショットを見せる場面もあったが、最後は大坂のショットがラインオーバー。プティンツェワがキープ。【大坂 3-2 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 30 30 40 40 G

大坂なおみ

0 0 15 15 30  
第4ゲーム
大坂のサービスゲーム。積極的にネット前に進出して先制すると、プティンツェワの上手いドロップショットに苦しめられるものの、力強いショットで押し切りキープする。【大坂 3-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 15 15 30  

大坂なおみ

15 15 30 40 40 G
第3ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。プティンツェワはこのゲーム初めてのダブルフォルトをするなど、サービスに精細さを欠きデュースとなる。すると、大坂が最後はスマッシュを難なく決めてブレークに成功!【大坂 2-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 30 30 30 40 40  

大坂なおみ

15 15 15 30 40 40 Ad G
第2ゲーム
大坂のサービスゲーム。集中したラリー戦を制しポイントを先行させると、最後はファーストサーブを決めて大坂がラブゲームキープ!【大坂 1-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 0 0  

大坂なおみ

15 30 40 G
第1ゲーム
プティンツェワのサービスで第1セット開始。開始早々のウィナーで先制した大坂は30-0と有利に進めるも、その後はミスショットを重ねてしまう。プティンツェワがキープ【大坂 0-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 0 15 30 40 G

大坂なおみ

15 30 30 30 30  
試合前
大坂なおみが3つ目のグランドスラム制覇、そして世界ナンバー1の称号奪還を目指し、ウィンブルドンのコートに立つ。初戦の相手は世界ランク39位のプティンセバ。前哨戦で敗戦しており、過去の対戦成績を見ても、大坂の2戦2敗と分が悪く、“天敵”と言っても過言ではない。大坂が勝利するためには、「意識力」がカギになる。後味の悪い負け方をした相手だけに、苦手意識をいかに払しょくして戦えるかが戦局を左右するだろう。先日、21歳の誕生日を迎えた大坂。世界ナンバー1を取り戻すための「試練」に打ち勝つことができるか、注目したい。
試合終了
大坂は、相手のペースの変化に富んだ攻撃に手を焼く場面が目立ち、また良いプレーでポイントを奪ってもその後が続かなかった。ただ、練習を積んでいたスライスで得点を奪う場面が散見され、第1セットを落とした後に徐々に追いつめられるもいら立つ仕草は見られなかった。成長を垣間見れただけに、次のチャレンジに期待したいところだ。
第8ゲーム
プティンツェワのサービング・フォー・ザ・マッチ。大坂はセカンドショットのリターンが僅かにラインオーバーして先行を許すも、ショットの勢いは弱めずに反撃する。しかし、ネットプレーが失敗してマッチポイントを与えると最後もリターンがネットに掛かってしまう。プティンツェワがストレートで勝利する。【大坂 2-6 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 15 30 40 40 G

大坂なおみ

0 15 15 15 30  
第7ゲーム
大坂のサービスゲーム。パッシングのウィナーで同点とされると、バックハンドのリターンがネットに引っ掛かりブレークポイントを与えてしまう。すると、最後は大坂のショットが僅かにラインオーバー。プティンツェワが連続でブレークに成功する。【大坂 2-5 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 30 30 40 G

大坂なおみ

15 15 15 30 30  
第6ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂はファーストサーブを打ち損ねてしまう嫌なスタート。それでも、ウィナーを2本続けてデュースに持ち込む。ただ、最初のアドバンテージでボレーを決めれきれずに活かせないと、最後もミスショットでプティンツェワにキープされてしまう。【大坂 2-4 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 30 30 40 40 40 40 40 Ad G

大坂なおみ

0 0 15 15 30 40 Ad 40 40  
第5ゲーム
大坂のサービスゲーム。先行されるが、角度のあるサービスが決まるなどして逆転する。ただ、バックハンドがネットに掛かってブレークポイントを与えると、最後はプティンツェワのチャレンジが成功して先にブレークされてしまう【大坂 2-3 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 15 15 30 40 G

大坂なおみ

0 15 30 30 30  
第4ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂は先行されるも、相手の逆を突く上手いショットで同点とする。それでも、その後はリターンが続けてラインを超えてしまう。プティンツェワがキープ。【大坂 2-2 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 15 15 30 40 G

大坂なおみ

0 15 30 30 30  
第3ゲーム
大坂のサービスゲーム。左右の揺さぶりから前へ出てポイントを奪うなど、積極的な姿勢を崩さない。最後も、力強いサーブにプティンツェワのリターンがネットに掛かる。大坂がキープ。【大坂 2-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

0 15 15 15  

大坂なおみ

15 15 30 40 G
第2ゲーム
プティンツェワのサービスゲーム。大坂は先行されるも、落ち着いたプレーでプティンツェワの動きの逆を突き同点とする。一時は逆転に成功するも、バックハンドがネットに掛かり突き放せない。すると、最後はファーストサーブを打ち返せず。プティンツェワがキープする。【大坂 1-1 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 15 15 30 40 G

大坂なおみ

0 15 30 30 30  
第1ゲーム
大坂のサービスで第2セット開始。ショットの精度が上がらず、ブレークポイントを与えてしまう。それでも、サービスエースで盛り返すなどデュースに持ち込む。すると、力強いサービスが入り始め、オープンコートを作り出す。大坂が危機を脱してキープする!【大坂 1-0 プティンツェワ】

プティンツェワ

15 30 30 40 40 40 40  

大坂なおみ

0 0 15 15 30 40 Ad G

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

トップへ戻る