dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

9 サービスエース 0
3 ダブルフォールト 6
28/39 (72%) 1stサーブポイント 28/34 (82%)
12/29 (41%) 2ndサーブポイント 13/22 (59%)
2/6 (33%) ネットポイント 10/10 (100%)
1/1 (100%) ブレークポイント 3/7 (43%)
15/56 (27%) レシーブポイント 28/68 (41%)
26 ウィナー 29
21 アンフォーストエラー 12
55 トータルポイント 69
185.6 km/h 最高サーブ速度 174.4 km/h
163.2 km/h 1stサーブ平均速度 160 km/h
132.8 km/h 2ndサーブ平均速度 140.8 km/h

試合速報

はサーブ権

第12ゲーム
ベンチッチのサービング・フォー・ザ・セット。大坂はオープンコートを作られて失点するも、3本目のダブルフォルトで追いつく。ただ、逆を突くリターンでウィナーを決められると、フォアのリターンがネットを超えない。すると、最後はワイドのサービスを返せず。ベンチッチが第1セットを奪取する。【大坂 5-7 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 15 15 15 30  

ベンチッチ

15 15 30 40 40 G
第11ゲーム
大坂のサービスゲーム。角度のあるリターンを返せず先行を許すも、15本目のウィナーで同点とする。ただ、左右に振られてボレーを決められブレークポイントを与えると、ネットへ出たところをパッシングされてしまう。ベンチッチがブレークする。【大坂 5-6 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 15 15 30 30  

ベンチッチ

15 15 30 30 40 G
第10ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はドロップショットを返せないと、リターンがラインを大きく超える。バックハンドのリターンがネットに掛かるも、アングルショットを決めて反撃開始。それでも、サービスで態勢を崩されてサーブ&ボレーを決められる。ベンチッチがキープする。【大坂 5-5 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 0 0 15  

ベンチッチ

15 30 40 40 G
第9ゲーム
大坂のサービスゲーム。相手を左右に振ってウィナーを決めると、力強いショットでミスを誘う。すると、長いラリー戦をフォアでウィナーを奪い大坂がラブゲームでキープする。【大坂 5-4 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 40 G

ベンチッチ

0 0 0  
第8ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はワイドサービスからオープンコートを作られてウィナーを決められると、サービスのリターンをふかしてしまいリードを広げられる苦しい展開。リターンエースで追い上げるものの、ボディへのサービスを返し切れない。ベンチッチがキープする。【大坂 4-4 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 0 0 15  

ベンチッチ

15 30 40 40 G
第7ゲーム
大坂のサービスゲーム。サービスエースで先行するなど、サービスから得点を重ねていく。そして、バックハンドのダウンザラインを決めると、ミスがあったものの、そのまま押し切った。大坂がキープする。【大坂 4-3 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 40 40 G

ベンチッチ

0 0 0 15  
第6ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂は相手のミスショットで先行するも、回り込んだバックハンドのサービスリターンがラインを超える。ダブルフォルトでリードするも、動きの逆を突かれてウィナーを決められる。すると、最後はサービスを返し切れず。ベンチッチがキープする。【大坂 3-3 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 15 30 30 30  

ベンチッチ

0 15 15 30 40 G
第5ゲーム
大坂のサービスゲーム。リードを許すも、バックハンドのクロスでウィナーを決めてすぐに同点とする。すると、スライスサーブで逆転し、続いてベンチッチのサービスリターンがラインを大きく超える。最後は、センターにサービスエースを決めて大坂がキープする。【大坂 3-2 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 15 30 40 40 G

ベンチッチ

15 15 15 15 30  
第4ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はサービスリターンを深く返して先行すると、続くセンターでの打ち合いも制してリードを広げる。そして、オープンコートを作り出してネットへ出てウィナーを決めると、ベンチッチのリターンがネットを越えず。大坂がブレークバックに成功!【大坂 2-2 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 30 40 G

ベンチッチ

0 0 15 15  
第3ゲーム
大坂のサービスゲーム。2本目のサービスエースで追いつくと、ストローク戦を制してリードする。ただ、セカンドサーブを角度の付けたリターンで返されると打ち返せずなどして逆転され、またもブレークポイントを与えてしまう。これは、187キロのサービスで凌ぐも、デュースではセカンドサービスを狙われてポイントを失い、ファーストサーブで返す展開が続く。それでも、4度目でフォアのウィナーを決めると、直後に相手のサービスリターンがラインをオーバー。大坂が苦しみながらも、キープに成功する!【大坂 1-2 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 15 30 30 30 40 40 40 40 40 40 40 Ad G

ベンチッチ

15 15 15 30 40 40 Ad 40 Ad 40 Ad 40 40  
第2ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はダブルフォルトで先行するも、サーブ&ボレーですぐに同点とされる。すると、サービスを決められリードを許し、直後のサービスリターンがネットに掛かる。最後までショットが安定せずにベンチッチがキープする。【大坂 0-2 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 15 15 15  

ベンチッチ

0 15 30 40 G
第1ゲーム
大坂のサービスで試合開始。センターでのストローク戦で先行を許すと、フォアのリターンが僅かにラインを越えてリードを再び許す展開。すると、サービスエースで追いついた後に、バックハンドのダウンザラインを決められてブレークポイントを与えてしまう。最後は、ダブルフォルトでベンチッチがいきなりブレークする。【大坂 0-1 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 15 15 30 30  

ベンチッチ

15 15 30 30 40 G
試合前
大坂は、3回戦で15歳の新鋭ココ・ガウフをストレートで破るなど、これまで順調に駒を進めてきた。ただ、今回対戦するベリンダ・ベンチッチとは、今年2度戦いともに敗れているだけに苦戦は必至だ。ベンチッチは力に頼るのではなく、高いボールコントロール技術を武器に前後左右、あるいは上下に展開して相手を崩していくプレーヤー。大坂にとってはプレースタイルの違いから、テンポを乱されていら立ちやすくなる難敵といえる。前回の対戦は、イライラを爆発させるなどペースを乱されての敗戦なだけに、ここまの劣勢な時でも見せてきた落ち着き払った姿が本物かどうか試される一戦となりそうだ。
試合終了
大坂は、最初のゲームでいきなりブレークを許すスタートとなるも、焦る様子を見せずに力強いショットと軽快な動きでそうそうにブレークバックしてポイントで追い付く。ここまでは順調そうに見えたものの、徐々にベンチッチの多彩なショットで走らされ、前へ出ても横を抜かれてしまう場面が増えていく。加えて、態勢を崩されて無理にショットを打つことが増えたことも影響したのか、第2セットの途中にはトレーナーの診断を受ける。その後は、ばん回する機会を得られないまま敗退。強打で対抗するも、ストローク戦では後手を踏むなど、ベンチッチの試合巧者ぶりに対応できなかったことが悔やまれる。
第10ゲーム
ベンチッチのサービング・フォー・ザ・マッチ。大坂はサービスリターンがラインを大きく超えると、バックハンドのリターンも入らない。すると、続くショットもネットに掛かる。最後は、センターへのサービスで崩されて試合終了。大坂はベスト8進出ならず。【大坂 4-6 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 0 0  

ベンチッチ

15 30 40 G
第9ゲーム
大坂のサービスゲーム。サービスから押していくと、ワイドサービスでサービスエースを決める。リターンエースで追い上げられるも、センターへのサーブで態勢を崩してウィナーを決める。大坂がキープする。【大坂 4-5 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 40 40 40 G

ベンチッチ

0 0 0 15 30  
第8ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はオープンコートを作り出すも決め切れない。それでも、バックハンドのサービスリターンで粘りを見せる。ただ、サービスを決めれると、最後はサービスリターンがネットを超える。ベンチッチがキープする。【大坂 3-5 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 0 15 15  

ベンチッチ

15 30 30 40 G
第7ゲーム
大坂のサービスゲーム。フォアのウィナーでリードを広げると、8本目のサービスエースを決める。セカンドサービスからの展開でドロップショットを決めれると、リターンがラインを越えて追い上げられる。それでも、バックハンドのウィナーを奪い逃げ切りに成功。大坂がキープする。【大坂 3-4 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 40 40 40 G

ベンチッチ

0 0 0 15 30  
第6ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はダブルフォルトで先行するも、直後の長いラリー戦でネットに出たところをまたもパッシングされてしまう。すると、フォアのクロスラリー戦からストレートへ変えたショットに対応できず。ベンチッチがキープする。【大坂 2-4 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 15 15 15  

ベンチッチ

0 15 30 40 G
第5ゲーム
大坂のサービスゲーム。このゲームも先にリードされる苦しい展開。すると、態勢を崩して前に出たところで決め球を相手の方に打ってしまいカウンターを受けてしまう。最後はダブルフォルトでベンチッチがこのセットも先にブレークする。【大坂 2-3 ベンチッチ】直後に大坂がトレーナーを呼び試合が一時中断。足に違和感がある様子。薬をもらい試合を再開する。

大坂なおみ

0 0 0  

ベンチッチ

15 30 40 G
第4ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂はセカンドサーブからのラリー戦を制すとも、バックハンドのクロスラリー戦を落としてしまう。ダブルフォルトでリードするも、サービスリターンがコートに入らずリードを広げられない。最後も、ワイドのファーストサービスを返せない。ベンチッチがキープする。【大坂 2-2 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 15 30 30 30  

ベンチッチ

0 15 15 30 40 G
第3ゲーム
大坂のサービスゲーム。ファーストサービスから得点を重ねるも、角度のあるショットをリターンウィナーで返される。それでも、同点後にスライスのサービスエースを決めると、ベンチッチのサービスリターンがラインを超える。大坂がキープする。【大坂 2-1 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 30 30 40 G

ベンチッチ

0 0 15 30 30  
第2ゲーム
ベンチッチのサービスゲーム。大坂は、フォアのリターンウィナーを決められると、ドロップショットを返せない。バックハンドのリターンもネットに掛かり、バックハンドへのワイドサーブを返し切れず。ベンチッチがキープする。【大坂 1-1 ベンチッチ】

大坂なおみ

0 0 0  

ベンチッチ

15 30 40 G
第1ゲーム
大坂のサービスで第2セット開始。クロスラリー戦からバックハンドのダウンザラインを決めてリードを広げると、フォアのラリー戦も制してリードを奪う。リターンエースを決められるものの、180キロのサーブで押し切る。大坂がキープする。【大坂 1-0 ベンチッチ】

大坂なおみ

15 30 40 40 G

ベンチッチ

0 0 0 15  

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る