dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

7サービスエース18
7ダブルフォールト4
76/96 (79%)1stサーブポイント60/79 (76%)
27/51 (53%)2ndサーブポイント31/53 (58%)
25/35 (71%)ネットポイント18/24 (75%)
2/8 (25%)ブレークポイント1/8 (13%)
41/132 (31%)レシーブポイント44/147 (30%)
47ウィナー55
36アンフォーストエラー31
144トータルポイント135
193.6 km/h最高サーブ速度211.2 km/h
174.4 km/h1stサーブ平均速度193.6 km/h
147.2 km/h2ndサーブ平均速度169.6 km/h

第4セット

試合終了第1セットは試合の入りに失敗していきなり落としてしまうが、第2、第3セットはタイブレークを2度とも制して連取する。グルビスが途中で足を負傷したこともあって、第4セットは呆気ない幕切れとなったが、苦しんだ序盤を耐え抜いたからこその逆転劇だった。およそ3時間半に及んだ熱戦を制してウィンブルドン自身初のベスト8進出。日本男子で松岡修造以来の快挙となった。

第7ゲーム錦織のサービングフォーザマッチ。フォアハンドでウィナーを3本奪ってマッチポイントを握ると、最後はグルビスのリターンがアウトの判定となりキープして第4セットを奪い熱戦に勝利した。【錦織 6-1 グルビス】

第6ゲームグルビスのサービス。錦織がマッチポイントを握ったが、グルビスがファーストサーブを立て続けに入れて何とかキープする。【錦織 5-1 グルビス】

第5ゲーム錦織のサービス。グルビスが執念を見せてデュースまで持ち込むが、錦織はバックハンドでクロスに鮮やかなショットを沈めてキープする。【錦織 5-0 グルビス】

第4ゲームグルビスのサービス。30-0から錦織が粘りのテニスで巻返すと、最後はダブルフォルトでブレークに成功する。【錦織 4-0 グルビス】

第3ゲーム錦織のサービス。サーブが安定しだした錦織が一気に攻め立てラブゲームでキープ。【錦織 3-0 グルビス】

第2ゲームグルビスのサービス。グルビスのサーブに必死でくらいつきチャンスを掴むと、ストロークでグルビスを押し込み先にブレークに成功。【錦織 2-0 グルビス】

第1ゲーム錦織のサービスで第4セット開始。グルビスがリターンから強烈なショットを連発するが、ミスも目立って錦織がキープする。【錦織 1-0 グルビス】

第3セット

タイブレーク錦織が主導権を握ってポイント先行。左右に振り回されたグルビスは足を滑らせ転倒すると、左足を気にする素振りを見せて一旦コートを離れる。テーピングを巻いて戻ってきたグルビスが驚異的な粘りでセットポイントを掴むが、錦織は長いラリー戦に持ち込み巻返す。最後はグルビスのショットがネットにかかり、長く息詰まるタイブレークが決着した。第3セットも錦織が連取する。【錦織 (12)7-6(10) グルビス】

第12ゲーム錦織のサービス。ストロークでグルビスを押し込んだ錦織がラブゲームでキープ。第2セットに続きタイブレークに突入する。【錦織 6-6 グルビス】

第11ゲームグルビスのサービス。コースを散らしたサーブで錦織に上手くリターンさせずに、グルビスが難なくキープ。【錦織 5-6 グルビス】

第10ゲーム錦織のサービス。ショートポイントを続けた錦織があっという間にキープする。【錦織 5-5 グルビス】

第9ゲームグルビスのサービス。錦織がサーブを捉え始めたがポイントに繋げることは出来ず、グルビスがラブゲームでキープ。【錦織 4-5 グルビス】

第8ゲーム錦織のサービス。ポイント先行を許したが、鮮やかなバックハンドで挽回してキープする。【錦織 4-4 グルビス】

第7ゲームグルビスのサービス。ドロップショットを2度ポイントに繋げたグルビスがラブゲームでキープする。【錦織 3-4 グルビス】

第6ゲーム錦織のサービス。グルビスがリターンゲームでは攻撃的な姿勢を落としてラリー戦に持ち込もうとするがミスが続き、錦織が難なくキープする。【錦織 3-3 グルビス】

第5ゲームグルビスのサービス。錦織がこのゲームもブレークポイントを掴んだが、要所でファーストサーブを入れたグルビスが何とかキープ。【錦織 2-3 グルビス】

第4ゲーム錦織のサービス。錦織がストローク戦でグルビスを圧倒してラブゲームでキープ。【錦織 2-2 グルビス】

第3ゲームグルビスのサービス。強烈なバックハンドのダウンザラインで観客を沸かせる場面もあったが、一歩及ばずグルビスがキープする。【錦織 1-2 グルビス】

第2ゲーム錦織のサービス。ラリー戦で着実にポイントを奪った錦織が危なげなくキープする。【錦織 1-1 グルビス】

第1ゲームグルビスのサービスで第3セット開始。15-40と錦織がブレークポイントを迎えたが、グルビスが得意のサーブで巻返してキープする。【錦織 0-1 グルビス】

第2セット

タイブレーク錦織らしいリターンから先にミニブレークを奪うと、そのリードを守り切ってタイブレークを制した。第2セットは錦織が苦しみながら何とか奪取した。【錦織 (7)7-6(5) グルビス】

第12ゲームグルビスのサービス。グルビスが高速サーブでポイントを重ね、難なくキープ。タイブレークに突入。【錦織 6-6 グルビス】

第11ゲーム錦織のサービス。ファーストサーブを高確率で入れ続けた錦織がラブゲームでキープ。【錦織 6-5 グルビス】

第10ゲームグルビスのサービス。錦織がリターンを確実に返し始めたが、グルビスは多彩なショットを見せてキープをする。【錦織 5-5 グルビス】

第9ゲーム錦織のサービス。錦織がサーブの優位を持ったままラリーを展開してキープする。【錦織 5-4 グルビス】

第8ゲームグルビスのサービス。錦織が素晴らしいフォアハンドを決める場面もあったが、サーブから効率よく得点を続けたグルビスがキープする。【錦織 4-4 グルビス】

第7ゲーム錦織のサービス。フォアハンドにミスが出てブレークポイントを握られたが、我慢のテニスを続けて何とかキープ。【錦織 4-3 グルビス】錦織はドクターから受け取った薬を飲んで次のゲームに向かう。

第6ゲームグルビスのサービス。威力のあるサーブに苦戦し、ラリーに持ち込んでも凡ミスと錦織にとって悪い流れが続き、グルビスが難なくキープする。【錦織 3-3 グルビス】

第5ゲーム錦織のサービス。0-30とピンチを招いたが、グルビスの攻撃に必死に耐えて何とかキープ。【錦織 3-2 グルビス】錦織はゲーム間にベンチに座りドクターとミーティング。

第4ゲームグルビスのサービス。サーブ攻略に活路を見出せない錦織。グルビスがラブゲームでキープする。【錦織 2-2 グルビス】

第3ゲーム錦織のサービス。グルビスにブレークポイントを握られる苦しい展開だったが、10分弱の攻防を制して何とかキープする。【錦織 2-1 グルビス】錦織は再びトレーナーを呼び、右腕のマッサージを受ける。

第2ゲームグルビスのサービス。サーブによる主導権を譲らないグルビスが錦織を圧倒してキープする。【錦織 1-1 グルビス】

第1ゲーム錦織のサービスで第2セット開始。錦織はフォアハンドでウィナーを奪うなど、テンポよく攻撃してキープする。【錦織 1-0 グルビス】

第1セット

第10ゲームグルビスのサービングフォーザセット。サーブが好調のグルビスが、リターン巧者の錦織にチャンスを与えず、ラブゲームでキープ。第1セットをグルビスが手にする。【錦織 4-6 グルビス】錦織はトレーナーを呼んでメディカルタイムアウトを取り、右肘周辺のマッサージを受ける。

第9ゲーム錦織のサービス。ショートポイントを続けて奪い錦織が難なくキープ。【錦織 4-5 グルビス】

第8ゲームグルビスのサービス。グルビスがセカンドサーブもポイントにつなげる攻めの姿勢を見せてキープする。【錦織 3-5 グルビス】

第7ゲーム錦織のサービス。錦織がネットプレーなどで変化を付けてラブゲームでキープ。【錦織 3-4 グルビス】

第5ゲーム錦織のサービス。錦織はダブルフォルトなどで0-40とピンチを迎える。3ポイント連取で巻返しはしたが、最後はグルビスがバックハンドを決めて先にブレークする。【錦織 2-3 グルビス】

第4ゲームグルビスのサービス。錦織がサーブの返球に苦しみ、グルビスが再びラブゲームでキープする。【錦織 2-2 グルビス】

第3ゲーム錦織のサービス。ショットをネットにかける場面が目立ち、2度ブレークポイントを握られるが、5度のデュースの末にグルビスを振り切り、最後はフォアハンドでウィナーを奪い何とかキープする。【錦織 2-1 グルビス】

第2ゲームグルビスのサービス。サーブをコースに打ち分けて錦織を翻弄したグルビスがラブゲームキープ。【錦織 1-1 グルビス】

第1ゲーム錦織のサービスで試合がスタート。サーブから素早い展開でゲームを運び、幸先よくラブゲームでキープする。【錦織 1-0 グルビス】

試合前世界ランク28位の錦織圭が同138位のエルネスツ・グルビスと対戦する。両者は今回が3度目の対戦で、過去2度は錦織が勝利。今こそランキングを落としているグルビスだが、元トップ10プレーヤーで、今大会は同3位のA.ズベレフを破って駒を進めてきた。錦織は3回戦で『芝人生でトップのプレーができた』と語っており、ウィンブルドンで初のベスト8進出に期待は高い。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る