dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

24サービスエース16
4ダブルフォールト4
64/84 (76%)1stサーブポイント71/95 (75%)
27/47 (57%)2ndサーブポイント22/52 (42%)
18/26 (69%)ネットポイント8/15 (53%)
3/11 (27%)ブレークポイント3/7 (43%)
54/147 (37%)レシーブポイント40/131 (31%)
145トータルポイント133
196.8 km/h最高サーブ速度206.4 km/h
177.6 km/h1stサーブ平均速度185.6 km/h
145.6 km/h2ndサーブ平均速度152 km/h

第4セット

試合終了第1セットを落とし出だしで躓いたが、第2セットを取り返すと、緊迫した第3セットのタイブレークを制して優位に立った。第4セットはキープが続く展開で最後の最後にブレークを奪い、難敵トミックを下した。

第12ゲームトミックのサービス。錦織は好リターンを次々と沈めてポイントを奪いデュースに持ち込む。ダブルフォルトでマッチポイントを握ると、最後はトミックのショットが外れて、錦織が2回戦突破を決めた。【錦織 7-5 トミック】

第11ゲーム錦織のサービス。ファーストサーブを高確率で入れて、効率よく攻めた錦織が危なげなくキープする。【錦織 6-5 トミック】

第10ゲームトミックのサービス。鋭いリターンでこのゲームもデュースとしたが、錦織はフォアハンドにミスが続いてトミックがキープする。【錦織 5-5 トミック】

第9ゲーム錦織のサービス。ショートポイントを続けた錦織がラブゲームでキープする。【錦織 5-4 トミック】

第8ゲームトミックのサービス。錦織が鮮やかなバックハンドでデュースに持ち込んだが、強烈なサーブでトミックが切り抜けてキープする。【錦織 4-4 トミック】

第7ゲーム錦織のサービス。0-30とトミックが先行するが、錦織が辛抱強くラリー戦でポイントを取り返して何とかキープする。【錦織 4-3 トミック】

第6ゲームトミックのサービス。錦織が30-30まで持ち込んだが、トミックがサーブを軸にしのいでキープする。【錦織 3-3 トミック】

第5ゲーム錦織のサービス。ファーストポイントこそ失ったが、好サーブを続けて挽回しキープする。【錦織 3-2 トミック】

第4ゲームトミックのサービス。0-40と錦織はチャンスを迎えたが、トミックが踏ん張り一気に5ポイント奪い返しキープする。【錦織 2-2 トミック】

第3ゲーム錦織のサービス。トミックのプレーに雑さ目立ち、錦織はラブゲームでキープ。【錦織 2-1 トミック】

第2ゲームトミックのサービス。巧みなスライスサーブに錦織は苦しみ、トミックがキープ。【錦織 1-1 トミック】

第1ゲーム錦織のサービスで第4セット開始。前のセットを取った勢いを持ってスタートから攻め立てる錦織が幸先よくキープする。【錦織 1-0 トミック】

第3セット

タイブレーク錦織が先にミニブレークに成功したが、すぐさま戻されてしまう。そこから両者譲らずの息詰まる展開となったが、最後に錦織がトミックのサーブを破ってタイブレークを制した。第3セットを奪い逆転に成功する。【錦織 (9)7-6(7) トミック】

第12ゲーム錦織のサービス。デュースまで持ち込まれたが、サービスエースと粘り強いストロークでポイントを連取した錦織が何とかキープ。【錦織 6-6 トミック】

第11ゲームトミックのサービス。錦織はトミックの展開に必死でくらいつき、ドロップショットを追った際には滑って転倒する場面も。しかし、ブレークには一歩及ばず、トミックがキープする。【錦織 5-6 トミック】

第10ゲーム錦織のサービス。トミックがリターンエースを奪うなど15-40とピンチを迎えた錦織。しかし、そこから4本サーブでポイントを連取して何とかキープする。【錦織 5-5 トミック】

第9ゲームトミックのサービス。強烈なサーブ4本であっという間にトミックがラブゲームでキープ。【錦織 4-5 トミック】

第8ゲーム錦織のサービス。ファーストサーブの確率が低く、ダブルフォルトが出るなど苦しむ。更にフォアハンドでもミスが続き、トミックがブレークバックをする。【錦織 4-4 トミック】

第7ゲームトミックのサービス。バックハンドで2本のウィナーを奪うなどラリー戦で主導権を握った錦織がブレークに成功。【錦織 4-3 トミック】

第6ゲーム錦織のサービス。サーブを軸に早いテンポで進めた錦織が危なげなくキープ。【錦織 3-3 トミック】

第5ゲームトミックのサービス。お互いに意地のストローク戦が繰り広げられる。錦織は会心のバックハンドや効果的なスライスでポイントを奪ったが、最後はサーブで押し切ったトミックがキープする。【錦織 2-3 トミック】

第4ゲーム錦織のサービス。デュースから強力なフォアハンドとサーブでポイントを重ねて何とかキープする。【錦織 2-2 トミック】

第3ゲームトミックのサービス。錦織はフォアハンドでミスが続き、トミックが難なくキープする。【錦織 1-2 トミック】

第2ゲーム錦織のサービス。テンポ良くサーブを打ち込んだ錦織が主導権を握り、ラブゲームでキープ。【錦織 1-1 トミック】

第1ゲームトミックのサービスで第3セット開始。鋭いバックハンドでデュースまで持ち込んだが、トミックが何とかしのいでキープする。【錦織 0-1 トミック】

第2セット

第9ゲーム錦織のサービングフォーザセット。錦織が鮮やかなスライスやサーブで畳みかけて、ラブゲームでキープ。第2セットを錦織が取り返す。【錦織 6-3 トミック】

第8ゲームトミックのサービス。長いラリー戦を制してデュースとすると、強烈なバックハンドとフォアハンドでトミックのサーブを破り、この試合初めてブレークに成功。【錦織 5-3 トミック】

第7ゲーム錦織のサービス。40-15からミスが続きデュースとしてしまうが、サーブを軸にピンチを脱すると強く拳を握りしめ、何とかキープ。【錦織 4-3 トミック】

第6ゲームトミックのサービス。トミックの揺さぶりに懸命に粘り対応したが、要所でミスが出てしまいトミックがキープする。【錦織 3-3 トミック】

第5ゲーム錦織のサービス。0-30とトミックに先行されたが、ここを4ポイント続けてサーブでしのぎ切り何とかキープする。【錦織 3-2 トミック】

第4ゲームトミックのサービス。錦織が30-30まで持ち込んだが、そこから好サーブにリターンが返らずトミックがキープする。【錦織 2-2 トミック】

第3ゲーム錦織のサービス。ストロークでトミックを押し込んだ錦織が難なくキープする。【錦織 2-1 トミック】

第2ゲームトミックのサービス。15-40と錦織がチャンスを迎えたが、2度コードボールでトミックのポイントになるなど僅かに仕留めきれずトミックがキープ。【錦織 1-1 トミック】

第1ゲーム錦織のサービスで第2セット開始。ボディを狙ったサーブが効果を発揮してトミックを崩すと、最後はセンターへのサービスエースでキープする。【錦織 1-0 トミック】

第1セット

第8ゲームトミックのセービングフォーザセット。テンポ良くファーストサーブを入れたトミックがラブゲームでキープ。トミックが第1セットを先取するまさかの展開。【錦織 2-6 トミック】

第7ゲーム錦織のサービス。錦織がトミックのスライスに苦しみミスを連発。あっけなくトミックがブレークする。【錦織 2-5 トミック】

第6ゲームトミックのサービス。サーブポイントなどで圧倒したトミックがあっという間にキープする。【錦織 2-4 トミック】

第5ゲーム錦織のサービス。ダブルフォルトなど錦織にミスが続き、トミックが先にブレークに成功。【錦織 2-3 トミック】

第4ゲームトミックのサービス。錦織は軽快なフットワークでディフェンスをしたが、攻め手を緩めなかったトミックが何とかキープ。【錦織 2-2 トミック】

第3ゲーム錦織のサービス。コースを突いたサーブからテンポよく進めてラブゲームでキープする。【錦織 2-1 トミック】

第2ゲームトミックのサービス。錦織がネットプレーで圧力をかけてブレークチャンスを迎えたが、トミックはサービスエースで切り抜けてキープする。【錦織 1-1 トミック】

第1ゲーム錦織のサービスで試合がスタート。いきなりブレークポイントを握られる苦しい立ち上がりだったが、3本のサービスエースを決めるなど何とかしのいでキープする。【錦織 1-0 トミック】

試合前世界ランク28位の錦織圭は2回戦で同184位のバーナード・トミックと対戦する。現在ランキングでは差があるが、トミックは最高17位まで駆け上った実力者で、両者の対戦成績も2勝2敗と五分。錦織としても警戒を怠れない。初戦はやや苦戦を強いられたが、2回戦を快勝で勝ち上がり、自身初のウィンブルドンでのベスト8以上進出に弾みを付けられるか。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る