テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

3サービスエース6
6ダブルフォールト1
19/30 (63%)1stサーブポイント29/40 (73%)
11/25 (44%)2ndサーブポイント6/15 (40%)
6/8 (75%)ネットポイント0/1 (0%)
1/6 (17%)ブレークポイント4/5 (80%)
20/55 (36%)レシーブポイント25/55 (45%)
21ウィナー16
21アンフォーストエラー14
50トータルポイント60
188.8 km/h最高サーブ速度190.4 km/h
169.6 km/h1stサーブ平均速度174.4 km/h
147.2 km/h2ndサーブ平均速度134.4 km/h

第2セット

試合終了大坂なおみが日本人初のグランドスラム制覇を達成した。序盤からストローク戦で主導権を握った大坂は第1セットを2度ブレークして先取する。第2セットではギアを上げてきたS.ウィリアムズに1度ブレークを許しはしたが、粘り強いプレーで巻き返して逆転。その後は自慢のサーブでキープを続けた。終盤S.ウィリアムズが感情を抑えきれずに異様な雰囲気になったが、大坂は冷静さを失わずに勝利を掴んだ。最後はネット付近で大坂はS.ウィリアムズと抱き合い憧れの女王から祝福を受けた。

第10ゲーム大坂のサービングフォーザチャンピオンシップ。サーブを軸にポイント連取すると、最後も強烈なサーブで締めてキープし、ストレート勝ち。日本人初のグランドスラム制覇を成し遂げた!【大坂 6-4 S.ウィリアムズ】

第9ゲームS.ウィリアムズのサービス。怒りをパワーにして一気呵成に攻め立て、S.ウィリアムズがラブゲームキープ。 【大坂 5-4 S.ウィリアムズ】

第8ゲーム大坂のサービス。冷静さを欠くS.ウィリアムズがゲーム間に審判に必要に抗議。ゲームペナルティが申告され、1球もプレーせずS.ウィリアムズがゲームを失い、大坂のキープとなる。【大坂 5-3 S.ウィリアムズ】

第7ゲームS.ウィリアムズのサービス。大坂がラリー戦で主導権を握って、ワンチャンスをものにしブレークに成功。【大坂 4-3 S.ウィリアムズ】

第6ゲーム大坂のサービス。感情むき出しでプレーし始めたS.ウィリアムズ。大坂は冷静にサーブを放ってポイントを奪い、難なくキープする。【大坂 3-3 S.ウィリアムズ】

第5ゲームS.ウィリアムズのサービス。大坂がラリー戦でポイント連取し、すぐさまブレークバックする。S.ウィリアムズがラケットをコートに叩きつけて怒りをあらわにする。【大坂 2-3 S.ウィリアムズ】

第4ゲーム大坂のサービス。S.ウィリアムズが積極的に仕掛けて、大坂はピンチを迎えてしまう。大坂は何とか耐えていたが、結局S.ウィリアムズが押し切ってブレーク。【大坂 1-3 S.ウィリアムズ】

第3ゲームS.ウィリアムズのサービス。大坂がブレークポイントを握ったが、S.ウィリアムズがそこから意地を見せて挽回し、キープする。【大坂 1-2 S.ウィリアムズ】

第2ゲーム大坂のサービス。ギアを上げてくるS.ウィリアムズに対し、大坂は落ち着いてラリーを展開してポイントに繋げる。最後はセンターへサーブを打ち込んで危なげなくキープ。【大坂 1-1 S.ウィリアムズ】

第1ゲームS.ウィリアムズのサービスで第2セット開始。S.ウィリアムズが強引に流れを手繰り寄せ、一気にキープする。【大坂 0-1 S.ウィリアムズ】

第1セット

第8ゲーム 大坂のサービングフォーザセット。正確にコースを付いたサーブでS.ウィリアムズにチャンスを与えず、最後はボディへのサーブポイントでキープ。第1セットを先取する。【大坂 6-2 S.ウィリアムズ】

第7ゲームS.ウィリアムズのサービス。ダブルフォルトで大坂がポイント先行したが、高速サーブで押し切ったS.ウィリアムズがキープする。【大坂 5-2 S.ウィリアムズ】

第6ゲーム大坂のサービス。フォアハンドウィナーを奪ったS.ウィリアムズが大きく声を出し、テンションを上げて攻めてくる。大坂は2度ブレークポイントを握られたが、強烈なサーブでしのいで何とかキープする。【大坂 5-1 S.ウィリアムズ】

第5ゲームS.ウィリアムズのサービス。30-0からダブルフォルトなどで大坂が逆転しチャンスを掴むと、S.ウィリアムズのショットがネットにかかり、2度目のブレークに成功する。【大坂 4-1 S.ウィリアムズ】

第4ゲーム大坂のサービス。サーブからのショートポイントが次々決まり、大坂が難なくキープする。【大坂 3-1 S.ウィリアムズ】

第3ゲームS.ウィリアムズのサービス。壮絶なロングラリーを制して大坂が30-30とすると、そこからS.ウィリアムズがミスを連発。大坂が先にブレークに成功。【大坂 2-1 S.ウィリアムズ】

第2ゲーム大坂のサービス。ダブルフォルトで0-30としてしまうが、粘り強くストローク戦を続けると最後はフォアハンドウィナーを決めてキープする。【大坂 1-1 S.ウィリアムズ】

第1ゲームS.ウィリアムズのサービスで試合がスタート。ラリー戦を制してファーストポイントを奪った大坂がデュースまで落ち込む。しかし、サーブを軸に巻き返したS.ウィリアムズがキープする。【大坂 0-1 S.ウィリアムズ】

試合前大坂なおみが日本人女子で初めてグランドスラム決勝の舞台に辿り着いた。優勝をかけて戦うのは、憧れのセレナ・ウィリアムズだ。両者は今年3月に1度だけ対戦し、大坂がストレート勝ちを収めた。しかし、当時はS.ウィリアムズが産休からの復帰後2大会目ということもあり万全でなかった。そこからシーズン通して徐々にレベルを戻し、今大会で女王は完全復活。最後に大坂の前に、最大の壁として立ちはだかる。決勝の大舞台で自身のアイドルである強敵を撃破し、日本人初のグランドスラム制覇を成し遂げられるだろうか。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス