dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

4サービスエース6
1ダブルフォールト3
27/31 (87%)1stサーブポイント31/58 (53%)
21/25 (84%)2ndサーブポイント16/35 (46%)
10/13 (77%)ネットポイント8/15 (53%)
6/13 (46%)ブレークポイント0/0 (0%)
46/93 (49%)レシーブポイント8/56 (14%)
25ウィナー15
13アンフォーストエラー29
94トータルポイント55
188.8 km/h最高サーブ速度206.4 km/h
169.6 km/h1stサーブ平均速度190.4 km/h
139.2 km/h2ndサーブ平均速度163.2 km/h

第3セット

試合終了第1セットから最高の滑り出しを見せると、流れに乗って第2、第3セットを連取。試合を完全に支配して快勝し、これ以上ないスタートを切った。

第9ゲームマーテラーのサービス。リターンからストロークの打ち合いを次々と制して主導権を完全に掌握。最後まで攻撃的な姿勢を崩さずブレークし、ストレート勝ちを収めた。【錦織 6-3 マーテラー】

第8ゲーム錦織のサービス。コースを付いたサーブからショートポイントが続き、あっという間にラブゲームキープ。【錦織 5-3 マーテラー】

第7ゲームマーテラーのサービス。錦織がリターンでプレッシャーを与え続けると、マーテラーにミスが続き、錦織がこのセットも先にブレークする。【錦織 4-3 マーテラー】

第6ゲーム錦織のサービス。ファーストサーブを高い確率で入れ続けた錦織が難なくキープする。【錦織 3-3 マーテラー】

第5ゲームマーテラーのサービス。マーテラーがネットプレーを続けてポイント連取し、キープする。【錦織 2-3 マーテラー】

第4ゲーム錦織のサービス。錦織がストローク戦を支配してラブゲームでキープする。【錦織 2-2 マーテラー】

第3ゲームマーテラーのサービス。錦織がリターンエースを決めるなどデュースまで持ち込むが、マーテラーが粘って何とかキープする。【錦織 1-2 マーテラー】

第2ゲーム錦織のサービス。マーテラーとは逆に緩急自在なサーブでポイントを奪った錦織が難なくキープする。【錦織 1-1 マーテラー】

第1ゲームマーテラーのサービスで第3セット開始。錦織は強力なサーブを返し、30-30まで持ち込む。しかし、サーブポイントで錦織を振り切ったマーテラーがキープ。【錦織 0-1 マーテラー】

第2セット

第8ゲーム錦織のサービングフォーザセット。攻撃的な姿勢を崩さない錦織が、一気に畳みかけてラブゲームでキープし、第2セットも連取する。【錦織 6-2 マーテラー】

第7ゲームマーテラーのサービス。錦織がマーテラーの足を止めるほどの芸術的なドロップショットを決めるなど、圧倒して再びブレーク。【錦織 5-2 マーテラー】

第6ゲーム錦織のサービス。完全に勢いに乗った錦織。軽やかなフットワークから生まれる素晴らしいショットにスタンドから大歓声が起こり、ラブゲームキープする。【錦織 4-2 マーテラー】

第5ゲームマーテラーのサービス。錦織が確実なリターンからラリー戦で主導権を握り、マーテラーを左右に振り回す。最後はバックの打ち合いを制してブレークに成功。【錦織 3-2 マーテラー】

第4ゲーム錦織のサービス。錦織にとって0-30と、この試合始めてポイント先行を許す。しかし、そこから落ち着いて4ポイント連取してキープする。【錦織 2-2 マーテラー】

第3ゲームマーテラーのサービス。自慢のサーブで錦織を押し込んだマーテラーが何とかキープ。【錦織 1-2 マーテラー】

第2ゲーム錦織のサービス。マーテラーをストローク戦で圧倒した錦織が難なくキープをする。【錦織 1-1 マーテラー】

第1ゲームマーテラーのサービスで第2セット開始。錦織は強烈なサーブにくらいつくものの、マーテラーが意地でサービスポイントを決めてキープする。【錦織 0-1 マーテラー】

第1セット

第8ゲーム 錦織のサービングフォーザセット。ベースラインから下がらずに積極的に攻撃を続けた錦織があっという間にキープ。僅か30分ほどで第1セットを先取した。【錦織 6-2 マーテラー】

第7ゲーム マーテラーのサービス。鮮やかなフォアハンドウィナーでブレークチャンスを迎えたが、錦織は仕留めきれずにマーテラーがキープ。【錦織 5-2 マーテラー】

第6ゲーム錦織のサービス。速い展開が冴えわたる錦織がマーテラーを圧倒してキープする。【錦織 5-1 マーテラー】

第5ゲームマーテラーのサービス。このゲームも0-30と錦織がリードしたが、セカンドサーブでぎりぎりの勝負をしたマーテラーが何とか巻き返してキープする。【錦織 4-1 マーテラー】

第4ゲーム錦織のサービス。サーブの優位性を握ったままラリーを展開した錦織が難なくキープ。【錦織 4-0 マーテラー】

第3ゲームマーテラーのサービス。高速サーブを打ち込んで切るマーテラー。しかし、リターン巧者の錦織が冷静に対処すると、マーテラーがミスを連発し、再びブレークに成功する。【錦織 3-0 マーテラー】

第2ゲーム錦織のサービス。畳みかけるようにショートポイントを連取し、あっさりキープ。【錦織 2-0 マーテラー】

第1ゲームマーテラーのサービスで試合がスタート。錦織が次々とバックハンドでクロスに沈めると、いきなりブレークポイントを握る。最後は強力なサーブを落ち着いてリターンし、ブレークに成功。幸先のいい立ち上がりを見せる。【錦織 1-0 マーテラー】

試合前錦織圭(世界ランク19位)が2年ぶりに全米OPに帰ってきた。直近のハードコートシーズンでは思うような結果を残せず苦しんでいるが、ここはグランドスラムで自己最高の成績を出した舞台。相性のいいことは間違いない。1回戦は同50位のマクシミリアン・マーテラーと対決する。初戦の相手としてはランキングの高い選手となるが、得意の全米OPで調子を取り戻し、順調なスタートを切ってもらいたい。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る