dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

2サービスエース5
1ダブルフォールト1
28/43 (65%)1stサーブポイント22/37 (59%)
12/22 (55%)2ndサーブポイント8/23 (35%)
5/7 (71%)ブレークポイント1/8 (13%)
22ウィナー22
70トータルポイント55
170 km/h最高サーブ速度186 km/h
155 km/h1stサーブ平均速度160 km/h
134 km/h2ndサーブ平均速度128 km/h

第2セット

試合終了序盤から世界1位のハレップに対して互角の戦いを見せた大坂。しかし、序盤のチャンスを生かしきれず、最後は世界のトップを底力を見せつけられる結果となった。それでも大坂は今大会で確実に心身ともに成長した姿を見せてくれた。今シーズンのうちにハレップに雪辱する機会が訪れるはずだ。

第8ゲーム大坂のサービス。デュースからハレップにマッチポイント。最後はフォアハンドのウイナーが決まり、ハレップが貫録のストレート勝ちを収めた。【大坂 2-6 ハレップ】

第7ゲームハレップのサービス。ハレップが再びラブゲームでキープ。大坂は後がなくなった。【大坂 2-5 ハレップ】

第6ゲーム大坂のサービス。このゲームは40-15とポイント先行し、最後は強烈なサービスエースが決まり大坂がキープに成功する。【大坂 2-4 ハレップ】

第5ゲームハレップのサービス。ハレップがラブゲームで危なげなくキープし、4ゲームを連取。【大坂 1-4 ハレップ】

第4ゲーム大坂のサービス。40-30と大坂がポイント先行も、デュースに持ち込まれてそのままハレップがブレーク。第2セットもリードを許す展開となった大坂。【大坂 1-3 ハレップ】

第3ゲームハレップのサービス。2回のブレークチャンスを掴んだ大坂だが、勝負どころでハレップが見事なショットを見せてキープ。大坂自身も良いプレーを続けているだけに辛抱強く戦いたい。【大坂 1-2 ハレップ】

第2ゲーム大坂のサービス。ハレップがリターンエースを決めるなど30-40とポイント先行し、すぐさまブレークバック。大坂に傾きかけた流れを止める。【大坂 1-1 ハレップ】

第1ゲームハレップのサービスで第2セット開始。気持ちを切り替えた大坂。0-15から4連続ポイントで一気にブレーク成功!【大坂 1-0 ハレップ】

第1セット

第9ゲーム大坂のサービス。30-40とハレップにセットポイント。一度はデュースに戻したが、最後は大坂のバックハンドが大きく外れてブレーク。一気に流れを掴んだハレップが4ゲーム連取で第1セット先取。【大坂 3-6 ハレップ】

第8ゲームハレップのサービス。ハレップが30-0とポイント先行。大坂も2ポイントを返すがハレップがキープ。【大坂 3-5 ハレップ】

第7ゲーム大坂のサービス。大坂のアンフォーストエラーが目立ち、15-40とピンチ。1ポイントを返すが、最後もフォアハンドのミスが出てハレップがこの試合最初のブレーク。【大坂 3-4 ハレップ】

第6ゲームハレップのサービス。互角以上のプレーを見せる大坂。4回のブレークポイントを掴むが、あと一歩のところでことごとくハレップに凌がれブレークならず。【大坂 3-3 ハレップ】

第5ゲーム大坂のサービス。ワイドへのスライスサーブでサービスエースを奪うなど、大坂が難なくキープ。【大坂 3-2 ハレップ】

第4ゲームハレップのサービス。攻撃的に自分から仕掛けていく大坂。ポイント先行で40-30とこの日最初のブレークチャンスを迎えるが、ハレップが凌いでキープ。【大坂 2-2 ハレップ】

第3ゲーム大坂のサービス。15-30とハレップがポイント先行するが、力強いストロークで大坂が3ポイント連取してキープ。【大坂 2-1 ハレップ】

第2ゲームハレップのサービス。大坂がデュースまで持ち込むも、最後はハレップがサーブで主導権を握りキープする。【大坂 1-1 ハレップ】

第1ゲーム大坂のサービスで試合開始。最初のポイントを失うが、フォアハンドのウイナーなどでポイントを重ねて大坂がキープに成功。【大坂 1-0 ハレップ】

試合前グランドスラム初のベスト16入りを果たした大坂なおみが、世界ランク1位のシモーナ・ハレップ(ルーマニア)に挑む。ここまで3試合連続ストレート勝ちの大坂に対し、ハレップは前の試合で3時間半に及ぶ激闘を演じており、体力面ではやや大坂が有利か。過去の対戦成績では大坂の2戦2敗だが、昨年の全米オープンでは元世界1位ケルバーを破るなど、大坂はトッププレーヤーとの対戦でも物怖じすることはなく、番狂わせの可能性は十分だ。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る