dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

53サービスエース16
10ダブルフォールト14
117/137 (85%)1stサーブポイント110/133 (83%)
37/70 (53%)2ndサーブポイント42/80 (53%)
2/10 (20%)ブレークポイント1/12 (8%)
110ウィナー79
215トータルポイント205
199 km/h最高サーブ速度181 km/h
213 km/h1stサーブ平均速度199 km/h
196 km/h2ndサーブ平均速度160 km/h

第5セット

試合終了杉田が4時間超の熱戦に惜しくも敗れた。フルセットの激闘にまで持ち込んだ杉田だったが、一時攻略したカルロビッチのサーブに、結局最後まで苦しめられてしまった。初戦で大会初勝利を挙げたが、3回戦進出とはならなかった。

第22ゲームカルロビッチのサービングフォーザマッチ。いきなり杉田がリターンエースを見せて粘りを見せるが、カルロビッチの終盤まで衰えなかった高速サーブと巧みなボレーで最後のポイントを奪われた。【杉田 10-12 カルロビッチ】

第21ゲーム杉田のサービス。カルロビッチのドロップショットがコードボールとなって決まり、カルロビッチにブレークポイントが訪れると、最後は杉田のショットがネットにかかり、カルロビッチがブレークをする。【杉田 10-11 カルロビッチ】

第20ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチの流れるようなサーブ&ボレーが連続して決まり、ラブゲームでキープ。【杉田 10-10 カルロビッチ】

第19ゲーム杉田のサービス。フォアハンドを軸にした攻撃は未だ衰えずにカルロビッチを圧倒し、杉田がキープする。【杉田 10-9 カルロビッチ】

第18ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチがサーブから積極的に攻撃を仕掛けてラブゲームでキープ。【杉田 9-9 カルロビッチ】

第17ゲーム杉田のサービス。最初ダブルフォルトをしたものの、その後サーブを4連続でポイントに結び付けてキープする。【杉田 9-8 カルロビッチ】

第16ゲームカルロビッチのサービス。いきなり杉田がリターンエースを見せたが、そこからカルロビッチが4ポイント連取でキープする。【杉田 8-8 カルロビッチ】

第15ゲーム杉田のサービス。杉田がサーブでカルロビッチを圧倒。ファーストサーブを必ずポイントに繋げてラブゲームでキープ。【杉田 8-7 カルロビッチ】

第14ゲームカルロビッチのサービス。得意のサーブとボレーでショートポイントを続けて一瞬でキープする。【杉田 7-7 カルロビッチ】

第13ゲーム杉田のサービス。フォアハンドの切れが落ちずにポイントを重ね、キープをする。【杉田 7-6 カルロビッチ】

第12ゲームカルロビッチのサービス。サーブを杉田が懸命に返し続けるが、最後はカルロビッチがボレーでポイントを奪ってキープする。【杉田 6-6 カルロビッチ】

第11ゲーム杉田のサービス。ラリー戦を杉田が全て制してラブゲームでキープ。【杉田 6-5 カルロビッチ】

第10ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチがサーブポイント4本でラブゲームキープをする。【杉田 5-5 カルロビッチ】

第9ゲーム杉田のサービス。ストロークで主導権を握った杉田がカルロビッチをフォアハンドで押し切ってキープする。【杉田 5-4 カルロビッチ】

第8ゲームカルロビッチのサービス。2本のサービスエースを決めたカルロビッチがキープする。【杉田 4-4 カルロビッチ】

第7ゲーム杉田のサービス。杉田の攻撃にカルロビッチが粘り30-30となるが、最後は杉田がカルロビッチのディフェンスを打ち破ってキープする。【杉田 4-3 カルロビッチ】

第6ゲームカルロビッチのサービス。最初のポイントのサービスエースでリズムに乗ったカルロビッチがラブゲームでキープする。【杉田 3-3 カルロビッチ】

第5ゲーム杉田のサービス。サーブとフォアハンドで果敢に攻撃し、再びラブゲームでキープする。【杉田 3-2 カルロビッチ】

第4ゲームカルロビッチのサービス。杉田が一時ポイント先行するが、ファーストサーブを高確率で入れてきたカルロビッチが巻き返してキープする。【杉田 2-2 カルロビッチ】

第3ゲーム杉田のサービス。サーブで掴む優位性を離さずに圧倒し、ラブゲームでキープ。【杉田 2-1 カルロビッチ】

第2ゲームカルロビッチのサービス。杉田が素晴らしいリターンを次々と決めて4度のブレークポイントを掴むが、その度にカルロビッチがサービスエースでしのぐ。最後までサーブで押し切ったカルロビッチがキープする。【杉田 1-1 カルロビッチ】

第1ゲーム杉田のサービスで第5セット開始。フォアハンドを軸に一気に攻め立て、ラブゲームでキープし、最高のスタートを切る。【杉田 1-0 カルロビッチ】

第4セット

第10ゲームカルロビッチのサービス。好リターンを続けてセットポイントを掴むと、最後はサーブ&ボレーで前に出てきたカルロビッチに対して鮮やかなパッシングを決めて第4セットを奪う。ファイナルセットに突入。【杉田 6-4 カルロビッチ】

第9ゲーム杉田のサービス。カルロビッチがラリー戦に食らいついて打ち合いとなる。杉田は我慢のプレーでカルロビッチのミスを誘い、何とかキープする。【杉田 5-4 カルロビッチ】

第8ゲームカルロビッチのサービス。3本のサービスエースを決めたカルロビッチが一瞬でキープする。【杉田 4-4 カルロビッチ】

第7ゲーム杉田のサービス。カルロビッチがリターンでプレッシャーをかけ、杉田のミスを誘いブレークポイントを握る。その後、デュースを3度繰り返したもつれたゲームは、杉田が苦しみながらもキープする。【杉田 4-3 カルロビッチ】

第6ゲームカルロビッチのサービス。ファーストサーブを高い確率で入れたカルロビッチが杉田を寄せ付けずにキープする。【杉田 3-3 カルロビッチ】

第5ゲーム杉田のサービス。サーブの優位を譲らずに、余裕をもって攻撃を展開し、難なくキープする。【杉田 3-2 カルロビッチ】

第4ゲームカルロビッチのサービス。ネット前の攻防で杉田が素晴らしい反応で得点するなど見せ場は作ったが、カルロビッチがサーブ&ボレーでポイントを重ねてキープする。【杉田 2-2 カルロビッチ】

第3ゲーム杉田のサービス。ブレークポイントを握られるが、そこからストロークで優位に立ってラリーを組み立て、何とかキープする。【杉田 2-1 カルロビッチ】

第2ゲームカルロビッチのサービス。0-30と杉田が先行するも、カルロビッチがサーブからネットに出てポイントを奪い、キープをする。【杉田 1-1 カルロビッチ】

第1ゲーム杉田のサービスで第4セット開始。落ち着いでゲームに入った杉田が、幸先よくキープする。【杉田 1-0 カルロビッチ】

第3セット

第12ゲームカルロビッチのサービングフォーザセット。高確率でファーストサーブを入れたカルロビッチは、杉田に一切のスキを見せずキープし、第3セットを制した。【杉田 5-7 カルロビッチ】

第11ゲーム杉田のサービス。ファーストサーブの確率が上がらずに後手に回った杉田。積極的にネットに出たカルロビッチがボレーでポイントを重ねて、この試合最初のブレークに成功。【杉田 5-6 カルロビッチ】

第10ゲームカルロビッチのサービス。サーブで一気に方を付けたカルロビッチがキープする。【杉田 5-5 カルロビッチ】

第9ゲーム杉田のサービス。強烈なリターンに対して抜群の反応を見せ、カウンターで返した杉田がキープする。【杉田 5-4 カルロビッチ】

第8ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチにボレーミスがあったものの、サーブで圧倒したカルロビッチが難なくキープ。【杉田 4-4 カルロビッチ】

第7ゲーム杉田のサービス。リターンからもネットに出てくるカルロビッチの脇を抜くショットが冴えて、杉田がラブゲームでキープ。【杉田 4-3 カルロビッチ】

第6ゲームカルロビッチのサービス。サーブ&ボレーに出たカルロビッチがショートポイントを連続して決め、ラブゲームでキープする。【杉田 3-3 カルロビッチ】

第5ゲーム杉田のサービス。フォアハンドを軸に攻撃を組み立てた杉田が最後はウィーナーを奪ってキープする。【杉田 3-2 カルロビッチ】

第4ゲームカルロビッチのサービス。2本のサービスエースを奪ったカルロビッチが難なくキープ。【杉田 2-2 カルロビッチ】

第3ゲーム杉田のサービス。30-30まで持ち込まれるが、杉田がフォアハンドとサービスエースで仕留めてキープする。【杉田 2-1 カルロビッチ】

第2ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチが高速サーブでポイントを重ねて、あっという間にキープする。【杉田 1-1 カルロビッチ】

第1ゲーム杉田のサービスで第3セット開始。杉田がサーブに苦しみ3度デュースを繰り返すが、カルロビッチのミスにも助けられ、何とかキープする。【杉田 1-0 カルロビッチ】

第2セット

タイブレーク先にミニブレークに成功した杉田。その後カルロビッチの強烈なショットに振り回されるも粘りを見せてセットポイントを掴む。最後はフォアハンドで押し切った杉田が第2セットを奪い、セットカウントをタイに戻す。【杉田 (7)7-6(3) カルロビッチ】

第12ゲーム杉田のサービス。ダブルフォルトで2本のセットポイントを握られた杉田。サーブポイントを続けてここを凌ぐと、最後はボレーを沈めて何とかキープする。【杉田 6-6 カルロビッチ】

第11ゲームカルロビッチのサービス。サーブを軸にショートポイントを重ねたカルロビッチがラブゲームキープをする。【杉田 5-6 カルロビッチ】

第10ゲーム杉田のサービス。サービスゲームでは主導権を譲らない杉田が一気に攻め立ててラブゲームでキープする。【杉田 5-5 カルロビッチ】

第9ゲームカルロビッチのサービス。カルロビッチのセカンドサーブを高確率でポイントに繋げた杉田だが、高速のファーストサーブに押し切られ、カルロビッチがキープする。【杉田 4-5 カルロビッチ】

第8ゲーム杉田のサービス。ファーストサーブが入らずに0-30と先行されるが、そこから杉田が4ポイントを一気に奪ってキープする。【杉田 4-4 カルロビッチ】

第7ゲームカルロビッチのサービス。ファーストサーブにもタイミングを合わせてきた杉田が、このゲームもデュースまで持ち込む。しかし、最後はカルロビッチのボレーに杉田が対応できずにカルロビッチがキープ。【杉田 3-4 カルロビッチ】

第6ゲーム杉田のサービス。杉田はサーブからフォアハンドの攻撃がさえて難なくキープ。【杉田 3-3 カルロビッチ】

第5ゲームカルロビッチのサービス。好リターンを続けた杉田だが、3度のブレークポイントを生かしきれず、カルロビッチがキープする。【杉田 2-3 カルロビッチ】

第4ゲーム杉田のサービス。ラリー戦で主導権を握った杉田がポイント先行し、最後はサービスエースでキープする。【杉田 2-2 カルロビッチ】

第3ゲームカルロビッチのサービス。杉田はセカンドサーブを捉えてリターンエースを奪うも、ファーストサーブには手を焼いてカルロビッチがキープする。【杉田 1-2 カルロビッチ】

第2ゲーム杉田のサービス。杉田はセカンドサーブに付け込まれ、カルロビッチに2本ブレークポイントを握られる。しかし、粘りを見せて巻き返すと、苦しみながらもキープする。【杉田 1-1 カルロビッチ】

第1ゲームカルロビッチのサービスで第2セット開始。40-0から杉田が4連続ポイントでブレークチャンスを迎えるが、そこからカルロビッチが挽回してキープ。【杉田 0-1 カルロビッチ】

第1セット

タイブレーク杉田はいきなりミニブレークを許す苦しい展開。必死に食らいつくがカルロビッチのサーブを攻略できずに第1セットを失う。【杉田 (3)6-7(7) カルロビッチ】

第12ゲームカルロビッチのサービス。ダブルフォルトで最初のポイントを得た杉田。その後もカルロビッチにミスが続きブレークのチャンスを迎えるが、高速サーブでピンチを凌いだカルロビッチがキープして、タイブレークに突入。【杉田 6-6 カルロビッチ】

第11ゲーム杉田のサービス。ファーストサーブを高確率で入れると、杉田がストロークで主導権を渡さず、ラブゲームでキープ。【杉田 6-5 カルロビッチ】

第10ゲームカルロビッチのサービス。杉田はリターンエースを奪うなど、リターンでプレッシャーを与えてデュースまで持ち込むが、最後はカルロビッチが速いサーブで押し切ってキープする。【杉田 5-5 カルロビッチ】

第9ゲーム杉田のサービス。杉田はサーブの優位を握ったまま攻撃を組み立て、スムーズにキープする。【杉田 5-4 カルロビッチ】

第8ゲームカルロビッチのサービス。3本のサービスエースを奪ったカルロビッチがあっという間にキープする。【杉田 4-4 カルロビッチ】

第7ゲーム杉田のサービス。30-30からの重要なポイントでサービスエースを見せた杉田が、落ち着いてキープ。【杉田 4-3 カルロビッチ】

第6ゲームカルロビッチのサービス。杉田がカルロビッチのボレーミスを誘い、ポイント先行するも、カルロビッチは高速サーブを軸に反撃してキープする。【杉田 3-3 カルロビッチ】

第5ゲーム杉田のサービス。杉田はあっさり40-0としたが、一気に4ポイントを失いブレークポイントを与えてしまう。しかし、そこから粘りを見せてピンチを跳ね除け、何とかキープする。【杉田 3-2 カルロビッチ】

第4ゲームカルロビッチのサービス。杉田が好リターンでカルロビッチのサーブ&ボレーを封じた場面もあったが、サーブポイントで得点を重ねたカルロビッチがキープ。【杉田 2-2 カルロビッチ】

第3ゲーム杉田のサービス。ラリーで主導権を握った杉田がボールを左右に振って攻め込み、難なくキープする。【杉田 2-1 カルロビッチ】

第2ゲームカルロビッチのサービス。杉田が最初のポイントでリターンエースを見せる。セカンドサーブにはタイミングを合わせるも、最後はカルロビッチがサービスエースでキープする。【杉田 1-1 カルロビッチ】

第1ゲーム杉田のサービスで試合がスタート。ファーストサーブの確率は低いが、カルロビッチのミスもあり、幸先よくキープする。【杉田 1-0 カルロビッチ】

試合前初戦で大会初勝利を挙げた世界ランク41位の杉田祐一は、2回戦で同89位のイボ・カルロビッチ(クロアチア)に挑む。カルロビッチは211cmの長身で、そこから打ち下ろす高速サーブを杉田がいかに対応するかがカギを握る。1回戦でシード選手を破った勢いそのままに2回戦も突破したい。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る