dmenuスポーツ

テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

11サービスエース1
3ダブルフォールト3
31/44 (70%)1stサーブポイント22/43 (51%)
9/22 (41%)2ndサーブポイント12/23 (52%)
5/5 (100%)ブレークポイント2/4 (50%)
28ウィナー20
72トータルポイント60

第2セット

試合終了第1セットを7-5で制した大坂。第2セットは攻撃的になる場面も増え、クコバのサーブを3度ブレーク。ストレートで相手を退けて大坂が3年連続の初戦突破を果たした。

第8ゲームクコバのサービス。大坂が強力なバックハンドで押し切って得たマッチポイントをラリー戦の末に制し、クコバのサーブをブレーク。第2セットを奪い、ストレートで完勝した。【大坂 6-2 クコバ】

第7ゲーム大坂のサービス。2本のサービスエースを奪うなど大坂がクコバを圧倒。ラブゲームでキープする。【大坂 5-2 クコバ】

第6ゲームクコバのサービス。大坂がブレークポイントで迎えた長いラリー戦を制し、クコバのサーブを2度続けてブレークする。【大坂 4-2 クコバ】

第5ゲーム大坂のサービス。クコバはゲームを落とした直後にすぐさま反撃を見せてブレークを返す。【大坂 3-2 クコバ】

第4ゲームクコバのサービス。大坂がポイント先行すると、30-40からフォアハンドで押し切ってブレークに成功。このセットも大坂が先にリードを奪う。【大坂 3-1 クコバ】

第3ゲーム大坂のサービス。大坂の度々のゲームポイントでクコバが粘りデュースが続く。しかし、最後はクコバのリターンがアウトになり大坂が何とかキープする。【大坂 2-1 クコバ】

第2ゲームクコバのサービス。大坂がリターンエースを奪ってデュースまで持ち込むが、クコバがそこから連続ポイントを挙げてキープ。【大坂 1-1 クコバ】

第1ゲーム大坂のサービスで第2セット開始。ネットプレーを見せて攻撃に変化をつけると、最後は一転得意のフォアでポイントを挙げてラブゲームでキープする。【大坂 1-0 クコバ】

第1セット

第12ゲームクコバのサービス。クコバのダブルフォルトでセットポイントを握ると、最後はバックのダウンザラインが鮮やかに決まり、大坂が第1セットを奪う。【大坂 7-5 クコバ】

第11ゲーム大坂のサービス。バックハンドでミスが出てブレークポイントを握られるが、サーブとフォアハンドでピンチを切り抜けて大坂がキープする。【大坂 6-5 クコバ】

第10ゲームクコバのサービス。最初に大坂がリターンエースを奪うも、そこからクコバが反撃してキープする。【大坂 5-5 クコバ】

第9ゲーム大坂のサービス。デュースとなる場面もあったが、3本のサービスエースを奪うなど攻めの姿勢を崩さずに、最後はバックのダウンザラインが決まって大坂がキープ。【大坂 5-4 クコバ】

第8ゲームクコバのサービス。勢いに乗ったクコバがラブゲームでキープする。【大坂 4-4 クコバ】

第7ゲーム大坂のサービス。大坂は攻撃のテンポを速くしたクコバのプレーに対応できずブレークを許す。【大坂 4-3 クコバ】

第6ゲームクコバのサービス。クコバが多彩な配球でフォアハンドウィナーを奪ってキープ。【大坂 4-2 クコバ】

第5ゲーム大坂のサービス。大坂はブレーク直後の難しいゲームをサービスエースなどでポイントを挙げてキープする。【大坂 4-1 クコバ】

第4ゲームクコバのサービス。リーターンエースを見せるなどリズムを掴むと、クコバのダブルフォルトで得たチャンス生かして大坂がブレークに成功する。【大坂 3-1 クコバ】

第3ゲーム大坂のサービス。コート中央での強力なストロークの打ち合いを制した大坂がキープする。【大坂 2-1 クコバ】

第2ゲームクコバのサービス。大坂は30-30まで持ち込むも、クコバがそこから2ポイントを連取してキープ。【大坂 1-1 クコバ】

第1ゲーム大坂のサービスで試合がスタート。大坂が力強いサービスエースでファーストポイントを奪う。デュースとなるも、ストロークで押し切るなど持ち味を発揮し、落ち着いて最初のゲームをキープする。【大坂 1-0 クコバ】

試合前日本女子最高位の世界ランク72位で今大会を迎える大坂なおみが、同250位のクリスティーナ・クコバ(アメリカ)戦でスタートを切る。両者は2度目の対戦で昨年3月は大阪がストレートで完勝した。得意の強烈なサーブとストロークで圧倒し、3年連続の初戦突破となるか?

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る