テニス

試合詳細

[ ]内の数字はシード番号

試合データ

1サービスエース10
1ダブルフォールト4
38/45 (84%)1stサーブポイント47/64 (73%)
19/27 (70%)2ndサーブポイント16/44 (36%)
16/16 (100%)ネットポイント16/34 (47%)
4/9 (44%)ブレークポイント0/0 (0%)
45/108 (42%)レシーブポイント15/72 (21%)
30ウィナー32
11アンフォーストエラー40
102トータルポイント78
195.2 km/h最高サーブ速度217.6 km/h
174.4 km/h1stサーブ平均速度201.6 km/h
145.6 km/h2ndサーブ平均速度169.6 km/h

第3セット

試合終了序盤からゲームを優位に進めたナダルは先にブレークに成功すると、そのまま第1セットを奪う。ペースを握ると第2セットも一進一退の攻防から抜け出して連取。第3セットは立ち上がりにブレークして先行するが、終盤にアンダーソンの粘りに遭う。しかし、最後は追撃を振り切ってグランドスラム16度目の制覇を果たした。

第10ゲームナダルのサービングフォーザチャンピオンシップ。観客の声で何度もサーブを仕切りなおすことになったナダルは、アンダーソンの粘りによりデュースまで持ち込まれる。それでも最後はサーブ&ボレーでポイントを挙げ、全米OPで4年ぶり3度目の優勝を決めた!【ナダル 6-4 アンダーソン】

第9ゲームアンダーソンのサービス。サーブと強力なフォアハンドで押し切り、キープする。【ナダル 5-4 アンダーソン】

第8ゲームナダルのサービス。セカンドサーブでもポイントを失わなかったナダルが、ラブゲームでキープ。【ナダル 5-3 アンダーソン】

第7ゲームアンダーソンのサービス。ポイント毎に声を出すなどして、闘志を見せたアンダーソンがキープする。【ナダル 4-3 アンダーソン】

第6ゲームナダルのサービス。最初のポイントこそアンダーソンに許したが、ネットプレーを見せるなど、多彩な攻撃でナダルがキープ。【ナダル 4-2 アンダーソン】

第5ゲームアンダーソンのサービス。攻撃的に出たアンダーソンがラブゲームでキープ。ベンチに戻ったアンダーソンは一時指の治療を受ける。【ナダル 3-2 アンダーソン】

第4ゲームナダルのサービス。40-0からアンダーソンが2ポイントを返すもナダルが振り切ってキープする。【ナダル 3-1 アンダーソン】

第3ゲームアンダーソンのサービス。40-15からボディへのサーブを放ち、ポイントを奪ったアンダーソンがキープ。【ナダル 2-1 アンダーソン】

第2ゲームナダルのサービス。勢いに乗ったナダルが瞬く間にキープする。【ナダル 2-0 アンダーソン】

第1ゲームアンダーソンのサービスで第3セット開始。アンダーソンが先行してゲームポイントを握るも、ナダルの驚異的な粘りに集中力が切れ始め、最後はフォアハンドのショットがアウトとなり、いきなりナダルがブレークする。【ナダル 1-0 アンダーソン】

第2セット

第9ゲームナダルのサービングフォーザセット。あっさり40-0まで持っていくと、最後はフォアのクロスでウィナーを奪い、2セットを連取!【ナダル 6-3 アンダーソン】

第8ゲームアンダーソンのサービス。ナダルがギアを上げてきたが、アンダーソンがそれをしのいでキープする。【ナダル 5-3 アンダーソン】

第7ゲームナダルのサービス。凄まじいフットワークでボールを拾い続けてポイントを挙げたナダルがキープ。【ナダル 5-2 アンダーソン】

第6ゲームアンダーソンのサービス。ナダルが15-40とチャンスを掴むと、最後はネットに出て、ボレーで決めて第2セットも先にブレークする。【ナダル 4-2 アンダーソン】

第5ゲームナダルのサービス。アンダーソンが粘りを見せるも、ナダルが難なくキープする。【ナダル 3-2 アンダーソン】

第4ゲームアンダーソンのサービス。ナダルにチャンスを与えなかったアンダーソンがキープ。【ナダル 2-2 アンダーソン】

第3ゲームナダルのサービス。アンダーソンがフラット気味のショットを放つなどして攻撃に出たが、ナダルがサーブの優位性を失わずにキープする。【ナダル 2-1 アンダーソン】

第2ゲームアンダーソンのサービス。40-15からナダルのショットがネットにかかり、アンダーソンがキープ。【ナダル 1-1 アンダーソン】

第1ゲームナダルのサービスで第2セット開始。サーブの調子も上がってきたナダルがラブゲームでキープする。【ナダル 1-0 アンダーソン】

第1セット

第9ゲームアンダーソンのサービス。先にブレークして優位に立ったナダルが、積極的に攻撃に出てこのゲームも奪いナダルが第1セットを先取する!【ナダル 6-3 アンダーソン】

第8ゲームナダルのサービス。ブレーク直後のゲームをナダルが難なくキープする。【ナダル 5-3 アンダーソン】

第7ゲームアンダーソンのサービス。40-30からミスが続いたアンダーソン。最後はフォアハンドがアウトの判定となり、ナダルがブレークに成功。【ナダル 4-3 アンダーソン】

第6ゲームナダルのサービス。アンダーソンが先行するも、難なくポイントを返したナダルが最後はサーブ&ボレーで決めてキープ。【ナダル 3-3 アンダーソン】

第5ゲームアンダーソンのサービス。10分近くを要した長いゲームは、ナダルからのリターンのプレッシャーに耐えたアンダーソンがキープする。【ナダル 2-3 アンダーソン】

第4ゲームナダルのサービス。あっさりポイントを重ねたナダルがラブゲームでキープ。【ナダル 2-2 アンダーソン】

第3ゲームアンダーソンのサービス。6度のデュースを繰り返した大きなゲームは、アンダーソンが2度のブレークポイントをしのいだ末に何とかキープする。【ナダル 1-2 アンダーソン】

第2ゲームナダルのサービス。ファーストサーブは入らないながらも、アンダーソンのミスショットが続き、難なくキープ。【ナダル 1-1 アンダーソン】

第1ゲームアンダーソンのサービスで試合がスタート。ナダルが最初のポイントを奪うと、アンダーソンのサーブにくらいつき40-40まで持ち込む。しかし、そこから2本サービスポイントを挙げてキープする。【ナダル 0-1 アンダーソン】

試合前全米オープンの決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同32位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)が対決する。ナダルは上位シードが次々と姿を消していく中、決勝まで進んで16度目のグランドスラム制覇に王手をかけた。一方のアンダーソンは31歳にしてこれが、初の決勝進出となる。同い年のベテラン対決は王者ナダルにアンダーソンがどれだけくらいつけるかが鍵を握るだろう。

世界ランキング

注目選手

トピックス

トピックス